遠い夜空のオリオン

私ともう一人が知る、淡い想い出を綴る、私家版郷土史

女の子の夢 進路の選択

卒業式が終わり
私は自分の気持ちの整理に取りかかった

やるべきことがそれしか思いつかなかったからだ

その女の子は東京の大学に進学
私は浪人

彼女の夢はというと
私にはとうてい不可能な夢だった

別れは私から言いだしたことだった
私は
そんなに多くを望んではいなかった

また、今になって思えば
妻になる人に多くのことを望んではいなかった

だが、彼女たちは違った
それが去らざるを得ない原因になろうとは
彼女たちは思ってはいないはずである

私は努力はした
が、その一方で疲れたのだ

私が望んだことはもっと単純なことだった