遠い夜空のオリオン

私ともう一人が知る、淡い想い出を綴る、私家版郷土史

2017-10-07から1日間の記事一覧

母と父の夢  伊良子清白「漂泊」

少し前のことであるが、亡くなった母と、まだ生きている父が一緒にいた夢を見た。 古い家に私が居て、インターホンを鳴らし、玄関を開けたところで夢は終わった。久しぶりににっこりしている母も父を見て、私はほっとした。 三好達治「詩を読む人のために」…